懐かしいゲームを思い出す自転車通勤

先日のパンクのせいで、今日は朝から大変だった。

早起きして近所の自転車屋さんに行くが、店が開いていない。早過ぎたかなともう少し遅めに行ったが、やはり開いていない。

おいおい、どうしよう。遅刻するぞ?

でも、どうしても店のシャッターが開かないので別の店を探す。が、こちらもお店が開いていない。

仕方ないので自転車の前輪に空気を入れてみたら、なんか空気がパンパンに入った。なんだ、空気が抜けてただけか。

と、そのまま会社に向かおうとしたが、少し空気が抜けてきた感じがしたので、念のため自転車の空気入れを持って会社に向かいました。

最初は快調。ズンズン進むが、だいたい500メートル進む度に空気が抜けてしまう。うーむ、どうしよう。進めば間に合いそうだが、戻れば完全に遅刻。

「ええぃ、何度も空気を入れてしまえばどうということはない」

ということで、500メートル進んでは、止まって空気補充。また500メートル進んでは空気補充。

なんかディグダグを思い出した。

photo:01


合計15回の空気入れをしつつ、なんとか会社に着いたのが始業1分前。なんとか間に合ったけど、もう汗だくでヘトヘト。今日の仕事は本当に疲れた…。

で、帰り道も同じようにディグダグするんだね。こりゃ今夜のビールは間違いなく格別だろうね。

photo:02

この歌、昨日からずっと頭の中で回ってる。ユッキーお誕生日会、最高だったぜ!!