読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014/2/23 アイドル教室・愛沢りこ卒業公演

今更感が満載。でも、記録だからね。

そういうわけで、とうとう迎えた愛沢りこ卒業公演。


{63B2BC74-1CDA-41E4-9EE4-58D8C77AEE3F:01}


4時間に渡る公演はとても素敵な時間でした。笑いと涙と感動と感謝に溢れるステージ。参加出来て本当に良かった。

この日はサプライズが多かった。昔から来ている人ほど、その楽しみは多かったのでは?

最初はお寿司会。僕はいつもテーブルの奥の方にいる。特にメンバーも絡んでくれる場所ではないので、ひっそりとマイクさんの苦手食材を追加した特盛バラ寿司を食べております。そのかわりにいつも一人一人の表情を見ております。この日のメンバーはみんな、いつものようでいつもと違う感じ。そんな中、なんだか普通に終わってしまったお寿司会。でも、これがりこぴにとっては本当に最後のお寿司会なんだなと思うとだんだん寂しくなっていきました。

さぁ、通常公演の開場前。いつも通りのお客さんの中になんと!!

昔の仲間たちが…。

inoさん、atsushingさん、よったん、ちゅるさん、ノノティー。本当にもう会うことも無いかと思った仲間に会えた。昔のことを思い出す。あのメンバーの未熟なダンスとヲタの稚拙なコールが混じったステージが僕らの出発点。共に戦った仲間が一緒に迎えるりこぴの卒業式というのが、なんとも感慨深い。

開場の時間。ポイント順での入場はもうあと1か月。でも、この日に前で見れたなら、これからはいいかなとも思える。

五一の4階に辿り着くと、そこには素敵なステージ装飾た。りこぴの最後を飾るにふさわしいステージだ。マイメロとピアノちゃん、この組み合わせに心が温かくなる。きっと今日は心が温かくなるような、そんな日になると思った。

ライブスタート。いつもより掛け声が大きな気がする。たくさんのお客さんが入っていたのもあるが、きっと一人一人の声が大きくなったのもあると思う。最後の最後、みんなの気合も入っているんだろう。

曲の構成は、アイドル教室は発表された順だった。アイドル教室の歴史と共に歩んだりこぴにとって最高の構成だと思う。この日のりこぴの動きはなんだかとても元気だったように思う。本当に辞めてしまうのが勿体ないと思ってしまうほど。最初に観た時のりこぴの動きは、擬音で表現するなら

「ふにゃふにゃ」

だった。まぁ、今でもたまにそんな時もあるが、4年間の積み重ねがどれだけの成長をもたらしたかは、アイドル教室1stDVD「めがとん授業参観」(絶版)を観ることで確認できる。観たい方は是非イカ邸までお越し下さい。

あと、ムッチーが来てくれたのが嬉しかったなぁ。パパラッチも披露してくれたし。
{65355D8E-8C18-437F-BB12-EA449B27BC55:01}

これだけでも来た甲斐があったってもんだよね。本当に面白かった♪

とライブは全曲終わり、とうとうアンコール。アンコールではまさかの口上。

「行くぞ!」

の声に涙が。本当にサプライズ多すぎて、いちいち感動させられる。流石、ハイクオリティはやることが違う。

アンコールは200本のピンクのサイリウム。その華やかさは今も鮮明に記憶にある。

アンコール後にはメンバーからのプレゼント、そして横断幕のプレゼント。アンコール後に横断幕を出すのは初めてかな?
{4FC750F5-ACF4-4826-B5A4-1A3F9C212B2C:01}

当日の朝まで頑張った甲斐があった。そして、あさきちから「9人のサインを入れて完成」の説明にとっても喜んでくれた。僕がメンバーだったら絶対欲しいと思うメンバー全員の記念のサイン。やっぱり、りこぴも欲しがってたんだな。本人が最後にサインを入れて完成となる横断幕も今後は作られないかもしれない。

そして、ステージもラスト。メンバーからのメッセージにりこぴからの返答。全てが感動だった。その中でも、一番感動したのは、「ぴよがピンク担当になる」ということ。りこぴが大切にしてきたピンクを一番若いぴよが引き継ぐということ。ピンクが好きだから譲られたんじゃない。ぴよへの期待と共に、信頼があるからだと分かった。引き継ぐぴよはより一層の努力が必要になるだろうけど、きっと頑張ってくれると僕も信じてる。

他のメンバーの言葉もすごく感動した。その中でも「辞めようと思った」という声が多かったことと、それをりこぴが支えていたことがとても分かった。華やかなステージの裏は僕らが知らない大変な想いが渦巻いていると思う。みんなで支えあって頑張ってるんだなと思うと、自分が出来る事は出来るだけやっていこうと思う。少しでも今が楽しくて辞めたくなることがないように。

それにしても素敵な公演だった。今回の公演は全てがりこぴの為に用意されたもの。その想いが詰まった空間で、メンバーが全力でパフォーマンスし、ファンも全力で答える。いつもより気合いが入っているのが分かる。りこぴの最後だから、その想い出を忘れて欲しくないから、少しでも記憶に残るように声を出しているかのようだった。

そんな時間もあっと言う間に過ぎていく。

権利行使はさゆみんと。普通ならりこぴと撮るんだけど、この日は人気投票だったからな。大切な記念の日であろうとも、推しの子の力にならないきゃならない時には力にならなきゃな。

次はダンスタイム。だっけ?久々のダンスタイムは盛り上がったな。うん、昔すぎて覚えてないが。翌日筋肉痛だったのは覚えてる。

その後は卒業イベント。りこぴのサインも入って横断幕完成。卒業アルバムも渡しましたね。なんだかあんまり覚えてない。昔過ぎて…。まぁ、細かく書かなくてもいいか…。

そして卒業ライブ。

スタートは後ろの方で見てた。

デビュー当初の少ないお客さんの中、歌っていた姿を重ねていた。それはそれで暖かいステージだったが、今は燃えるように熱いステージ。ここまで大きくなるとは当時は全然思っていなかった。大勢のファンに見送られる姿に涙を流し、あとは全力で盛り上がった。出来る限りの声を出して、動けるだけ動いた。もう、アイドル教室愛沢りこのステージは最後。そう思うと、力の限り動かないといけない気がしていた。

ライブが終了。そして「愛沢最高」のコール。そして、すべてが終わった。

愛沢りこが卒業。りこぴが卒業するなんて、ずっと考えてなかった。だからこそ、この卒業は誰にでもそういうことが起こるということを考えさせられた卒業だった気がする。だからこそ、毎回毎回のライブがすごく大切で、1曲1曲がとても大切だと思った。いつ、メンバーが卒業しても後悔しないようにしていかなきゃなって思った。

順番で行くと、次はさゆみんか?いつ卒業するのか分からないが、出来る限り楽しい想い出を作っていこう。

ありがとう、りこぴ。君の最後のステージを僕はずっと忘れません。

◼︎おまけ◼︎
で、これ書いてる間に山田辞めるって言うし、愛沢隔週でステージ立つし…